読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MSP JAPAN

Microsoft Student Partners (MSP) Japan の公式ブログです。MSPは「マイクロソフト技術の楽しさを学生に伝える」というミッションの元、日々活動行っている学生団体です。VisualStudio やMicorosoft Azure など、マイクロソフトの製品や技術、勉強会の開催情報を学生に向けて発信しています!※当ブログでの見解はMSPに所属する学生による見解であり、日本マイクロソフト株式会社が公式に発表しているものではございません。

Imagine Cup2017日本大会決勝 応援メッセージ公開

f:id:mspjp:20170318110247p:plain

こんにちは!MSPの田口(@_taccho)です。 

Imagine Cup2017日本大会まであと4日に迫ってきました!

 

 先日の記事でもご紹介しましたが、Imagine Cupは出場者はもちろん、審査員の方々も非常にハイレベルであることが知られています。

 

そんな豪華審査員からの応援メッセージが届いたので、本日のブログでご紹介させていただきたいと思います。

 

経営コンサルタント

本荘修二さん


本荘 修二 様 Imagine Cup応援メッセージ

-プロフィール-

 新事業を中心に、500 Startups、Net Service Venturesほか、日米の企業アドバイザーを務める。
始動Next Innovator、福岡県他のメンターとして起業家育成、コミュニティづくりに取り組む。
厚労省大臣の私的懇談会「医療のイノベーションを担うベンチャー企業の振興に関する懇談会」座長、情報処理推進機構IPA)「IT起業家等教育研究会」委員など、公的な起業振興活動に貢献。
ボストン・コンサルティング・グループ、米Computer Sciences Corp.、CSK/セガ・グループ大川会長付、IT特化の投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。
東京大学工学部卒業、ペンシルベニア大学経営学修士早稲田大学博士(学術:国際経営)。「エコシステム・マーケティング」「成長を創造する経営」など著書多数。訳書に「ザッポス伝説」、連載に「インキュベーションの虚と実」、「明日をつくる女性起業家」などがある。
ホームページ→ http://www.honjo.biz

 

マイクロソフト ディベロップメント株式会社

代表取締役社長 安達 理さん


Imagine Cup 2017応援メッセージ 安達理さん

 -プロフィール-

大学院在学中にスタートアップ企業を立ち上げ、ビジネスの世界に入る。1988年アメリカでの経験を求めマイクロソフト コーポレーション 入社、ソフトウェア デザインエンジニアとして従事。1990年にマイクロソフト株式会社へ移籍し、研究開発に携わる。1999年開発統括部長を経て、2010年 マイクロソフト ディベロップメント 株式会社の業務執行役員に任命される。アメリカ生まれのソフトウェア製品をいかに日本マーケットへ展開するか、世界進出可能な日本発プロジェクトをいかに企画・開発するか、グローバルな視点で「日本」という多様性を活かすのがテーマ。
2015年4月より マイクロソフト ディベロップメント株式会社 代表取締役 社長。

 

500 Startups Japan マネージングパートナー

澤山 洋平さん


Imagine Cup2017応援メッセージ澤山陽平様

 -プロフィール-

バイオ→IT→原子力→iBanker→Venture Research→ #500
東京大学大学院 工学系研究科 原子力国際専攻修了。修士(工学) 。
JP モルガンの投資銀行部門でTMT セクターの資金調達やM&Aアドバイザリー業務に携わった後、野村證券の未上場企業調査部門である野村リサーチ・アンド・アドバイザリー(NR&A)にて IT セクターの未上場企業の調査/評価/支援業務に従事。
2015年12月、500 Startups Japanのマネージングパートナーに就任。プログラミングを趣味としており、個人として TechCrunch Tokyo Hackathon に参加し、2014 年は TOP5 入賞、2015年はIBM賞を受賞したほか、大学時代の友人と「VR ミニ四駆」というガジェットを制作し Maker Faire Tokyo 2015 に出展するなど幅広く活動。

 

とにかく気持ちのこもった熱いメッセージでしたね! !

 

もちろん審査員だけではく、MSPも決勝進出チームを全力で応援しています。

 

あと4日に迫った日本大会に悔いを残さないように、頑張ってください。

MSPは当日も会場サポートなどを行なっているので、会場でお会いしましょう!

 

events.techinasia.com