MSP JAPAN

Microsoft Student Partners (MSP) Japan の公式ブログです。

MSPが Microsoft Build 2018に参加してきた【3・4日目】

みなさんこんにちは!MSP Japan 筑波大学チームの栗本です。

 

この連載もいよいよ最終回となりました。

私からは3日目の朝〜夕方&4日目に行われたMSP用イベントと、3日目夜のBuildの最終パーティーを紹介します。

 

今回メインで紹介するのはBuildに参加しているMSP用の特別プログラムです。

MSPは日本に限った組織ではなく、世界中のキャンパスにも数多くいます。彼らの存在は何となく知っているけど、実際何をしているのか分からない…。そんな隔たりをなくし、ノウハウを共有するのがこのプログラムの目的の一つです。

f:id:mspjp:20180520231831p:plain

 

各国の代表によるプレゼンを聞いていると、彼らの熱意に驚かされます。IoT、機械学習など皆の興味は様々ですが、共通して伝わってくるのはテクノロジーの力で課題解決を行なっていきたいという熱意。ハンズオンを盛り上げるコツや、準備しておくべきこと、宣伝方法など、MSPの活動に役立つTipsも紹介していただきました。

 

また社員の方による、プレゼンやブログのコツなど実践的な講義もありました。今後の活動にしっかり生かしていきたいところです。

f:id:mspjp:20180520233029j:plain

 

続いて、「MSP of the year」の発表。世界のMSPの中でも特に精力的に活動したメンバーが表彰されました。来年は日本からも選ばれるように精進していきたいですね。

f:id:mspjp:20180520233215j:plain

 

一連のイベントが終わった3日目の夜は、Buildのパーティへ。シアトルのポップカルチャー博物館(MoPoP)とチフーリ・ガーデン&ガラスが会場でした。

 

チフーリ・ガーデン&ガラスでは色とりどりのガラス細工が織りなす幻想的な風景が堪能でき、それに合わせて音楽や料理も楽しめます。

f:id:mspjp:20180520233726j:plain

 

MoPoP付近では音楽やゲーム、サイレントディスコなどが用意されていました。サイレントディスコとは、ヘッドホンを着用して踊るユニークなディスコです。

Buildでの雰囲気とは一転した、派手なパーティでした。(筆者はあまり得意ではないので早めにホテルへ笑)

f:id:mspjp:20180520233523j:plain

 

4日目は社員さんへのフィードバック。

AzureのようなサービスやImagine Cupのような学生向けイベントの改善のために、少人数でテーブルを囲み意見交換を行いました。

担当の社員さんと直接意見交換ができる貴重な機会とあって多くの率直な意見が伝えられており、近いうちに反映されることになるかも…!?

f:id:mspjp:20180521152225j:plain

 

フィードバックを終え、解散したあとは日本チームでMS本社へ見学に行きました。

現地の日本人エンジニアの方に職場を案内していただいたほか、キャリアの話などアメリカで実際に活躍されているからこそできるお話をしていただき、実りある訪問となりました。

その際に頂いたステーキがこちら🍖(美味しかったです笑)

f:id:mspjp:20180520234827p:plain

 

以上、「MSPが Microsoft Build 2018に参加してきた」でした。

今年度もMSPは日本各地で活動を行なっていきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

MSPが Microsoft Build 2018に参加してきた【2日目】

こんにちは、MSP京大リードの金子です!

僕からはBuild2日目の概要をお伝えしようと思います!

 

Microsoft Build Day2

2日目の基調講演のテーマは「Microsoft 365 Platform Windows + Office + Graph」

果たしてどんな新機能が発表されるのでしょうか?

f:id:mspjp:20180520222526j:plain

 

なんと、Windowsに搭載される予定の「Timeline」機能がモバイル版でも実装されるそうです。スマートフォンとPCは別々に管理している人が多いと思いますが、Timelineではスマートフォンで受信した通知をWindowsで開いたり、その逆を行う事ができるようになります。スマートフォンとPCの垣根を小さくするこの機能に期待が高まります。

f:id:mspjp:20180520223312j:plain

 

Timelineについては、こちらの動画を御覧ください


Windows 10 April 2018 Update - Timeline

 

 

またWindowsの使い勝手に関するアップデートで見逃せないのは「Sets」。色々なウィンドウをタブとして管理できるこの機能ですが、Officeのウィンドウをもタブとして表示できるようになります。これで、資料作成とブラウジングを同じウィンドウで済ますことができます!

 

f:id:mspjp:20180520224454j:plain

 Setesに関してはこちらの動画を御覧ください


Sets in Windows 10

 

Office関連で興味深いのは「Word with WinML」。機械学習ベースのアシスタントにより、今まで以上に賢い文章校正などが行えるようになります。日本語版の機能実装が待ち遠しいですね!

f:id:mspjp:20180520224842j:plain

 

更にOutlookでは様々なサービスとの統合を強化。Outlookから決済を行ったり、Githubの操作を行ったりできるようになります。メールボックスから毎回ブラウザを立ち上げなくても簡単に作業を完了できますね!

f:id:mspjp:20180520230719j:plain

 

地味ながらも会場が歓声に包まれたのがメモ帳に関するアップデート。

今までのメモ帳は、LinuxなどのOSで作られた改行文字がLFのテキストを読み込むと改行が無視される仕様だったのですが、このアップデートで正式にサポートされることになりました!

f:id:mspjp:20180520225511j:plain

 

そしてMicrosoft Graphの紹介。Graphを使うとWindowsやOffice、Outlookなどの製品をはじめ、Active Directoryなども含む情報を横断的に参照することができます。Azure MLなどデータを活用できるサービスが増える中、このようにデータを取得することを重視したサービスが強化されるのは嬉しいことです!

f:id:mspjp:20180520230043j:plain

Graphについては、こちらのページで実際に体験してみることができます。

developer.microsoft.com

 

 

2日目の基調講演も盛りだくさんの内容でした。ここで紹介しきれなかった情報も沢山ありますので、もっと詳しく知りたい方は下記のリンクを参照してください!

www.microsoft.com

 

MSPが Microsoft Build 2018に参加してきた【1日目】

みなさん、こんにちは!

Microsoftにご招待頂き、シアトルで開催されているBuild2018に参加しています。

参加してきたMSP Japanの4人が体験談をご共有していきたいと思います!

 

MSPBuild 2018に参加してみた【0日目と1日目】←今ココ

MSPBuild 2018に参加してみた【2日目】
MSPが Microsoft Build 2018に参加してきた【3・4日目】 

Microsoft Build Day0

さて、まずは0日目!

私たちはシアトルに正午ごろつきました。ホテルに到着してからまず向かったのはマリナーズエンゼルス戦です!幸運にも大谷翔平のピッチングをみれました。

f:id:mspjp:20180516063538j:plain

 

その後、Amazon Goに向かい、シアトルのPike Place Marketを探索。

f:id:mspjp:20180516064358j:plainf:id:mspjp:20180516063646j:plain

 

 

夜は MSP welcome dinnerがありました!

世界中のMSPとの対面です。Microsoft Student Partnersプログラムが展開されている世界各国から48名のMSPが集結しました。お互いがどんな技術に興味があるかなどを話し、交流を深めることができました。

f:id:mspjp:20180516072401j:plain

 

社員さんからもBuildの楽しみ方などの簡単なブリーフィングもしていただき次の日のBuildは用意万端です!

f:id:mspjp:20180516072334j:plain

  

Microsoft Student Partnersプログラムのリードである、SusanからはMSP一人一人に心温まるメッセージをもらいました!

 

f:id:mspjp:20180604172625j:plain

 

 

Microsoft Build Day1

続いて、待ちに待った1日目です。

 f:id:mspjp:20180604175121j:plain

前日に配布されたTシャツやジャンバーをきて、忘れ物防止のためにもらったキーも装備!

f:id:mspjp:20180516072657j:plain

バッチは中にICチップが入っており、セッション前にピッとスキャンされます。

f:id:mspjp:20180604172657j:plain

 

 

Day 1 Keynote

MSP リードのSusanがプライオリティーシートを用意してくれたので、2列目の席で聴講することができました。1日目のキーノートはCEOのサティアも登場!

f:id:mspjp:20180604175152j:plain

keynoteMicrosoft Azure、Microsoft 365が中心で、CortanaとAlexaの連携、Cosmos DBのお話など内容が盛りだくさんでした。Azure IoTのデモではドローンが実際に飛行。搭載したカメラとIoT Edge上で動くモデルを使用し、パイプの故障個所をリアルタイムに判別そして中継するものでした。

keynoteの動画は以下から視聴可能です。

channel9.msdn.com

 

 

kyenoteが終わると次はセッションです!それぞれ興味のあるセッションに足を運びました。セッションのレポートについては次回以降お伝えいたします。(鋭意執筆中)

 

最後に

MicrosoftはMSPにたくさんの学びの機会やチャンスを与えてくれます。
現在(2018年5月)、MSPは東大と慶應大学で新規のMSPを募集しています。
もしMicrosoftの技術のエバンジャライズに興味がある方はMSP事務局またはtwitter(@_mspjp)までご連絡ください。



※学年不問、活動の都合上 東大生と慶應生のみを募集しています。
※特質した技術スキルがない限り理工系学生に限ります。

 

twitter.com

 

マイクロソフトCEO サティア・ナデラ氏がImagine Cup2017優勝チームにメンタリングを実施

f:id:mspjp:20180131053427p:plain

マイクロソフトCEO サティア・ナデラ氏は、昨年度のImagine Cup世界大会で優勝を果たした、チェコ共和国のチーム『X.Glu』に対してメンタリングを実施しました。資金調達などを含む今後のプランについて、具体的なアドバイスが行われた模様です。

若年性糖尿病患者を支援する

 『X.Glu』が取り組んでいるのは、1型糖尿病患者の支援です。この疾患は膵臓のβ細胞が壊れてしまい、まったくインスリンが分泌されなくなってしまうものです。また20才以下の患者が多いことから「若年性糖尿病」とも呼ばれることがあり、治療法の確立も行われていないため、現在も世界中の多くの子供たちが苦しんでいます。患者は1日に何度も血糖値を測定し、体内のインスリンの量を調整しなければなりません。

ゲーム性を取り入れながら、血糖値をクラウド管理

 この問題に対して、『X.Glu』はモバイルアプリと専用グルコースメーターを開発することで患者の負担軽減に取り組みました。

 『X.Glu』の開発したグルコースメーターは、Bluetoothでスマートホンに接続され、血糖値を測定した時に、自動的にアプリに血糖値が送信されます。そして血糖値測定するごとにアプリ内でポイントがもらえるというゲームのような仕組みを作ることで、幼い子供でも億劫にならずに血糖値を測定することを可能にしました。

 また保護者のスマホからも、子供の健康状態をチェックすることができる仕組みを搭載し、病気の子供を持つ親の心理的な負担も軽減します。

f:id:mspjp:20180202014005p:plain

『X.Glu』が開発したアプリ

 これを開発し地元の施設で試したところ、患者から大きな反響を呼び、その後Imagine Cup 2017でも、その価値が認められ優勝を果たしました。

1人でも多くの患者の届ける

 先日開催されたサティア・ナデラ氏とのメンタリングでは、このソリューションを多くの患者に届けて行くためのプランなどが話し合われました。不調だったマイクロソフトを立て直したサティア氏から、製品化に向けて具体的なアドバイスが送られたそうです。

 これに合わせて、『X.Glu』の取り組みを紹介したビデオがマイクロソフトの動画放送プラットホーム「チャンネル9」で公開されました。世界大会から数ヶ月を経て、さらに進化したアプリの概要などが紹介されています。

 

 これから『X.Glu』の開発したソリューションが、どれだけ多くの若年性糖尿病患者の助けとなって行くのか。マイクロソフトの全力バックアップを受けた彼らの、今後の活躍が期待されます。

 またこのような充実した支援を受けることができるImagine Cupの2018年開会の申し込みは始まっています。興味のある方はこちらのページを参照し、締め切りに遅れないようにお早めにお申込みください。

 

<参考>

Making a difference for Type 1 diabetes—Meet Team X.Glu and their holistic solution for kids – Microsoft Imagine Blog

 

ABOUT- この記事を書いた人-

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/taccho/20180125/20180125020751.jpg

田口 大智 @_taccho

2016年9月からMSPとして活動しています。日本マイクロソフト ディベロッパーエバンジェリズム統括本部でも9ヶ月間、マーケティングインターンをしていました。インターン終了後に渡米し、現在はMSPシアトルチームで活動中。

 

Imagine Cupの連載はこちら>

出場者から見たImagineCup① 「すごいぞImagineCup世界大会!学生の皆は今から次回大会に備えよう!」

f:id:mspjp:20170823182221j:plain

MSP東工大チーム、山崎です。

私は今回、MSPとしてのプロジェクトとしてではなく、個人的に主宰している東工大メディア研究会TITAMASという団体におけるプロジェクトで、ImagineCup 2017に出場しました。


世界大会にも日本代表として招待され、いろいろと感じた部分がありましたので、世界大会から一か月経った今、記事にしようと思います。

 

イベントの振り返りや、ほかの記事で取り上げられているので、今回僕からは日本の学生に向けて伝えたいことを書いていきたいと思います。

【大会記事】

優勝賞金10万ドル! 世界最大の学生ITコンテストに東大大学院と東工大が挑戦

ImagineCup参加日記 / TITAMASブログ

Imagine Cup 2017 振り返り / マイクロソフト アカデミックチームブログ

 

まず最初に、
ImagineCup World Finalsはとても素晴らしい大会でした!

 

このコンテストを主宰しているMIcrosoft社を始めとして、たくさんの方々の努力があってこの大会は世界最大級の学生向けITコンテストとして成り立っていることを端々から実感することができる、とてもスケールの大きい大会でした!

f:id:mspjp:20170823182150j:plainマイクロソフトCEO サティア・ナデラ氏との記念撮影

 

次に、
みんな、ImagineCupに出よう!

ということです。日本で学生をやりながらモノづくりをしている皆さん、または世の中に対して実現したいアイデアがある皆さん、Imagine Cupに応募しましょう!

恐らく日本においては、ほかのハッカソンと少し形式が異なる選考フローを持つため、「知っている人は知っているが、知らない人は知らない」という玄人向けのコンテスト感を出してしまっているImagineCupですが、アメリカを始めとする他の国での盛り上がりは尋常ではありません。

 

自分の作ったものが、他の文化圏で対面で評価される機会であり、世界中の優秀な学生と出会い共に過ごす機会であり、Microsoft社のスケールのでかさに圧倒される機会でもあります。こんなに様々なことが一発で体験できるイベントはあまりないと思います。

そんな素晴らしい機会を手に入れるためにも、是非自分の作ったもので勝負してみましょう!

f:id:mspjp:20170823184711j:plainデモ審査の合間に行われたテレビ取材の様子

 

そもそもImagineCupの世界大会に参加するにはどうすればいいの?

ImagineCup World Finals(世界大会)に参加する方法はたった一つ、日本で行われるJapan Final(日本大会)で優勝し、日本代表に選ばれることです。
ImagineCupは、決勝戦までがそれぞれの国と地域でローカルに運営され、そこで各国の代表に選ばれた猛者たちが世界大会に招待、優勝をかけて戦う仕組みになっています。

日本マイクロソフトImagine Cupの応募要項を満たしている場合、その選考フローに乗ることによって、日本大会の決勝に出場することができます。途中いくつか選考における関門があると思いますが、丹精込めて作ったプロダクトだったらきっと大丈夫でしょう!


一方で、今回はもう一つ日本大会に参加する方法がありました。それは「他のハッカソンの賞品として日本大会決勝戦出場権をもらう」という方法です。
今回自分たちのチームは、JPHACKSという学生向けハッカソンで、マイクロソフトからスポンサー賞をいただき、Imagine Cup日本大会決勝に参加する運びになりました。

(※スポンサー賞については毎年変動があるので、詳細は各大会ホームページを御覧ください)

日本マイクロソフトは、様々なイベントやハッカソンにスポンサーとして携わっているので、普段からそういうイベントやハッカソンに出て腕を磨きつつアピールをしておくといいかもしれませんね!

 

長くなってしまいましたが、今回の記事で僕が伝えたかったのは

 

ImagineCupはとてもすごい機会だからぜひ出よう 
ImagineCupに出るにはどうすればよいのか

 

の二点です。もう一度言いますが、ImagineCupは本当に楽しい大会でした!
実際の様子はこちら!


それでは! 

 

mspjp.hatenablog.com